【肝パワーEプラス】と肝臓機能の関係。なんと医学的にも○○!

 

総ビリルビンは、血液検査の項目として用いる、胆汁中や血液中に含まれる黄色い色素です。
総ビリルビン値は、肝臓の機能を測る指標として使われています。
総ビリルビンを下げるたい場合には、肝臓の機能を強くするために、サプリメントをとっていきましょう。

 

■総ビリルビンと肝臓の関係とは?

 

総ビリルビンは、間接型ビリルビンと直接型ビリルビンの2つの総称です。
間接型ビリルビンは血液中に含まれていて、赤血球が壊れると作られます。
肝臓で、間接型ビリルビンは直接型ビリルビンに変化します。
直接型ビリルビンは、胆汁の成分として、肝臓から各器官をとおって腎臓、大腸へいき、体外に出されます。

 

胆汁に含まれるはずのビリルビンが血液中に逆流すると、血液中の総ビリルビン値は上昇します。
なので、総ビリルビン値を下げたい場合には、肝臓の機能を保っていかないといけません。。

 

 

■肝臓の健康を保って総ビリルビン値を下げるには?
総ビリルビン値を下げたい場合には、食生活を見直してみましょう。
肝臓の機能を強くすると、総ビリルビン値は下げられるので、肝臓の機能を強くする食べ物をたくさん食べるとよいです。
しかし、様々な食材を栄養を考えてバランスよく毎食食べるのはなかなか難しいですね。。
なので、肝臓によいサプリメントである肝パワーEプラスを使って、総ビリルビン値を下げていきましょう。

 

 

■肝パワーEプラスにはどんな成分が入っているの?
肝パワーEプラスは、広島産のカキ、長野県産のにんにく、紀州産の南高梅を使っています。
亜鉛を豊富に含んだ牡蠣は海のミルクとも呼ばれ、たんぱく質やビタミンなど豊富な栄養が偏りなく含まれています
体のスタミナ源となるスコルジニンを豊富に含んだ長野県産のにんにくは、カルシウムやカロチン、食物繊維などを
たくさん含んでいます。しかもフリーズドライ製法により、栄養価を壊さずに濃縮しています。
南高梅は、体のエネルギー源となるクエン酸を豊富に含んでいます。他にもカリウムやリン、
鉄などのミネラル類やビタミンをたくさん含んでいます。

 

 

■肝パワーEプラスの口コミは?
肝パワーEプラスは、発売から20年以上、お客様満足度95%という高い満足度のサプリメントです。
肝パワーEプラスを愛用している人たちはどんな効果を実感しているのでしょうか。

 

50代男性
お酒が昔から飲んでいてついつい飲みすぎてしまいます。
肝パワーEプラスを飲んでからは、朝から元気がでてすっきりしています。

 

50代女性
肝パワーEプラスを試してから、毎日元気がみなぎってきています。
他のサプリメントを飲んでも、やっぱり肝パワーEプラスに戻ってきてしまいます。

 

毎日の元気の源が、肝パワーEプラスになっているようですね。

 

■肝パワーEプラスのお得な限定キャンペーンとは
肝パワーEプラスは1袋が3粒入り1日分です。
5袋のお試しセットは通常価格1500円で購入できます。
ところが毎月100名様限定のキャンペーンで、特別価格980円で購入できます。
520円もお得に買えて送料無料なのは嬉しいですね。

 

肝パワーEプラスを飲んで、サプリメントを上手に使って総ビリルビン値を下げましょう。

 

→今すぐ肝パワーEプラスの公式ページをチェック!

 

関連ページ

リピーターに愛され続けている【プレミアムオイスター】
ここでは総ビリルビンを下げる働きがある食べ物やその効果、成分、また直接的に肝機能を高めて総ビリルビンの改善をもたらす肝機能サプリメントについて詳しく解説しています!