【協和醗酵バイオオルニチン】はなぜ愛用者数が桁違いなのか。その理由は成分にあり!

 

総ビリルビンは、胆汁中や血液中に含まれる黄色い色素のことです。
総ビリルビンは、肝臓の機能を測る指標として血液検査の項目としても用いられています。
総ビリルビンを下げるためには、肝臓の健康を保つことが必須です。

 

■総ビリルビンと肝臓の関係とは?

 

総ビリルビンは、間接型ビリルビンと直接型ビリルビンの2つのビリルビンがあります。
間接型ビリルビンは血液中にわずかに含まれています。
肝臓に間接型ビリルビンが運ばれると、直接型ビリルビンに変化します。
直接型ビリルビンは胆汁の黄色い色素の一部となり、肝臓から〜腎臓、大腸を経由して、体外に出されます。

 

肝臓の機能が弱くなると胆汁に含まれるはずのビリルビンが血液中に逆流するので、
総ビリルビン値は上がります。
総ビリルビン値を下げるためには肝臓を健康な状態にしなければなりません。

 

 

■総ビリルビン値を下げるために
総ビリルビン値は肝臓の機能を密接に関係しています。
なので、総ビリルビン値を下げるためには、肝臓の健康を保たなければなりません。
食生活だけでは、なかなかバランスよく栄養を取るのは難しいので、サプリメントを使っていくとよいでしょう。
協和発酵バイオのオルニチンは、肝臓によく効き、朝から元気に過ごせると評判のサプリメントです。

 

 

■協和発酵バイオのオルニチンの成分
協和発酵バイオのオルニチンは、名前のとおり遊離アミノ酸であるオルニチンが主な成分となっています。
遊離アミノ酸とは、血液中にアミノ酸の状態のままあり、移動して力を発揮するアミノ酸のことです。
協和発酵バイオのオルニチン1粒に、しじみ300個ぶんのオルニチンを凝縮しています。

 

■協和発酵バイオのオルニチンの口コミ
協和発酵バイオのオルニチンは、やくみつるさんや草野仁さんといった著名な方々も愛用しています。
その口コミはどうなんでしょうか。

 

30代女性 
夜お酒を飲むお付き合いがあっても、翌日に響かないので助かっています。

 

40代男性
朝が快適で楽になりました。試しに飲んでみたのですが、自分には合っているようです。

 

協和発酵バイオのオルニチンを飲んで、朝が楽になっているみたいですね。

 

 

■協和発酵バイオのオルニチン お試し価格
協和発酵バイオのオルニチンは、1袋に約15日分、90粒が入っています
通常価格は1543円ですが、お試し価格は送料無料の500円で購入できます。
67%OFFの特別価格で購入できるのでお得ですね。
15日試して効果を実感してみましょう。

 

サプリメントを上手に使って、総ビリルビンを下げていきましょう。

関連ページ

オルニチン系サプリメントの代表!【Wのオルニチン】
ここでは総ビリルビンを下げる働きがある食べ物やその効果、成分、また直接的に肝機能を高めて総ビリルビンの改善をもたらす肝機能サプリメントについて詳しく解説しています!